小型反応熱量計とAKTSソフトウエアのパルメトリクス

ラミネートLIBセルや角形LIBなど電池容量が4mAhから42Ahまでの充放電プロセスの熱量計システムを出荷しました。

充放電プロセスにおけるリチウム・イオン電池の吸発熱反応を評価するための熱流検出モジュールです。

リチウムイオン電池(LIB)をまるごと熱量測定します。
2032コインセルサ、スマートフォンサイズ、タブレットサイズのラミネートセルや、円筒形状の18650、26650type あるいは10Ah、42Ahなど大型電池まで”電池まるごと熱量測定”が可能なシステムです。角形電池のように厚みが30mm40mmと分厚い電池では熱流検出センサは電池の上下の両面でサンドイッチする構造にしています。
写真は上から350mAのバッテリーパックを電流値10mAで充放電したときの吸発熱ピーク、4ch・ラミネートセル・充放電プロセス用熱流検出モジュール、42Ah,10Ahや26650typeのLIB用熱流検出モジュール、比熱測定専用熱流検出モジュールです。
詳しくはテクニカル・ノート LIB-04、LIB_07をご覧ください。

BP350mA_10mA_CC.pngYMC_4ch_Cal.jpegP1010156_2017_03_31.jpgP1010146.JPG

当社は”車載用ラミネートセルの熱安全性評価用熱量計”をテーマとして、中小企業庁の2013年度ものづくり試作開発支援事業に応募し、採択されました。
2016年3月末に試作開発を経て、お客様への製品出荷がスタートしました。2017年3月には42Ahの大型電池用の出荷しました。ラミネートセルのサイズに応じて3種類の測定筐体部と3種類の熱流検出器を組合せることで、測定目的にフィットした製品をお届けできます。加熱試験による発熱速度、発熱量の測定だけでなく充放電による発熱挙動、過充電や過放電の発熱挙動など”電池まるごと”でなければ測定できない応用測定が可能です。

2016年3月より出荷したシステムによるLi-ion電池関連の応用測定データは技術資料としてテクニカル・ノート Li-ion電池関連ページに掲載する予定です。
テクニカル・ノートはこちら   Li-ion電池関連 テクニカル・ノートLinkIcon

| HOME |

News1:掲載写真はリチウムイオン電池”まるごと測定”熱量計です。充放電プロセスを充放電試験機によるデータ収集と同時に熱量測定が可能です。
デモ機は当社・はんのう研究室に設置しています。
このシステムによる受託測定分析をスタートしました。 2016-10-01

News 2:AKTS/ThermokineticsがVersion4.41になりました。(2017/03/31現在)
News 3:AKTS/Thermal_SafetyはARCデータと1個のDSCデータから反応式として0次式を仮定しないで、より妥当性のあるTMRad24h,SADTを算出する新機能が加わりました。
ARC&DSC_AKTS_Versionv4.1.pngARCデータを解析するAKTSソフトウエアの新機能
ARCデータとDSCデータからTMRad24hの解析手法とは 解析手法の優位点(要約)はこちらLinkIcon
新機能のソフトウエア操作手順書はこちらLinkIcon
AKTS/Thermokinetics V4.20の新しい機能解説はこちらLinkIcon

News 4:SML溶出試験シミュレーションのSML5ソフトウエアはVersion 5.231となり、PETポリマーに有効なwelleの式が追加されました。2016-11月現在

PDFファイルダウンロードはこちらからLinkIconプラスチック製品の安全性とは

News 5:加速試験によるHPLCデータからの寿命予測解析例など  テクニカル・ノート AKTS-01,02,03,04,05 を掲載しました。

PDFファイルダウンロードはこちらから LinkIconAKTSソフト・テクニカルノート

logowithtext.jpg

OmniCal DARC2 2012.jpg

熱慣性ファクタ-φ値=1 のDifferential ARC (DARC-2)が新しく登場しました!(装置の写真がホップアップします。)DARC2 2012.jpg

DARC用耐圧容器セットアップの操作手順書PDFファイルはこちらLinkIcon
詳細はこちら スライド・ショーがご覧いただけます。2012-07-02

圧力同時測定のpDSCが登場しました。

pDSC01.JPG

詳細情報はこちらをクリックLinkIcon

AKTS.jpgmdctec logo.png
SML(特定移行成分限界値)のスクリーニング・ソフトウエアSML5の販売を2012/05/15より開始しました。
2014/08/11現在 Version5.092

start-sml5.png
SML5AKTS社とMDC Tec systems社との共同開発したものです。    測定サンプルの拡散係数が不明であっても、従来のPiringerアプローチに加え、革新的なBrandschアプローチを採用、分配係数の入力選択枝を多様化し、応用解析範囲を広げました。

食品包装材パッケージをモデル化し、さまざまな温度条件と時間を設定し食品包装材から移行するSML値をスクリーニングする評価ツールです。

LinkIconAKTSのサイトからSML5ソフトウエアの概要(和文取扱説明書)が選択できます。

AKTS・SML5ソフトウエアについて詳しくは  SMLソフトウエアのページへLinkIcon

LINE Chara てれ.pngAKTSソフト機能の特長を簡単に表現してみました。

LinkIcon5コマ漫画で説明内容を紹介します。

logowithtext.jpg
耐圧容器のセットアップを標準作業化します。   2011/07/02

IMG_1158.JPG

OmniCal社SuperCRCやD-ARCの耐圧容器にはPTFEシール材が使われています。シール材が平パッキングのために蓋で平パッキングを締め付ける作業は使用者のカンと経験で行われてきました。
しかし、締め付けが弱いと圧力漏れを起こして測定データが評価不能となり、締め付けが強いと耐圧容器のネジ部分を破損し、測定ができなくなります。
どなたが操作しても一定のトルクで締め付けができるトルクレンチを採用した”締め付け治具”をアクセサリーとして準備しました。
テクニカル・ノートTN-65RはこちらLinkIcon
テクニカル・ノートTN-66RはこちらLinkIcon

Palmetrics Logo.jpg
高耐圧安全熱量計のコーナーを新設しました。 2011/05/29

高耐圧安全熱量計による受託測定分析をスタートします。
耐圧容器は1mL・400℃・40MPa、圧力・DSC同時測定が可能です。
高耐圧安全熱量計は何が得意なのか?測定例を中心に紹介していきます。
なお高耐圧安全熱量計や、SuperCRC およびD-ARCの耐圧容器用のセッティング治具を製作し、アクセサリーとして供給できるようにしました。
誰が操作しても適正なトルクで蓋を締め付け、測定後は安全に圧力を開放させることができます。下の動画は密閉耐圧容器で10MPaの残存ガスをリークさせながら蓋を取り外す作業を紹介しています。


高耐圧安全熱量計のテクニカル・ノートはこちら

ACL ogo.png
ACL Instruments(Switzerland)のケミルミネッセンス(化学発光法)のコーナー  テクニカル・ノートを追加しました。(2012/07/23)

ACL Instrumentsのテクニカル・ノートPDF(CL01~CL08)はこちらをクリックLinkIcon

Line chara 自慢.jpg

内容例:テクニカル・ノートNo.TN-50(PDFファイル)を表示します

  • その他のテクニカル・ノート(pdfファイル)は”Technical note”のページからダウンロードすることができます。


What's New

AKTS社ソフトウエア 
アップ・グレードのお知らせ

’17/03/31
Thermal Hazard はVer. 4.41になりました。

’17/03/31
Thermokinetics, Thermal SafetyはVer.4.41になりました。

'16-11-10(現在)
SML5はVer. 5.231になりました。

AKTS/Calisto 関連 
テクニカル・ノート

テクニカル・ノートの中のAKTS/Calistoによるデータ解析例を紹介します。

テクニカル・ノートNo.TN-42LinkIcon
テクニカル・ノートNo.TN-43RLinkIcon
テクニカル・ノートNo.TN-44LinkIcon
テクニカル・ノートNo.TN-45LinkIcon
テクニカル・ノートNo.TN-48LinkIcon
テクニカル・ノートNo.TN-49LinkIcon
テクニカル・ノートNo.TN-58LinkIcon
テクニカル・ノートNo.TN-59LinkIcon
テクニカル・ノートNo.TN-63は制作中

グレバー炉をご存知ですか?

産業安全技術協会(狭山市)に導入されているグレバー炉)を見学しました。詳しい内容はニュース・レターで
ニュース・レター2号のダウンロードはこちらLinkIcon

Newsletter02-2.jpgグレバー炉測定サンプル挿入口

CRC用PC故障に備えて

SuperCRC用パソコンが故障したとき、迅速に復旧ができるように熱量校正パラメータを保存してください。  保存方法はテクニカル・ノートNo.TN-54を参照 
ダウンロードはこちらLinkIcon

SuperCRC用ドライボックス

テクニカル・ノートNo.TN-23を改定して、TN-23Rを作成しました。
ダウンロードはこちらLinkIcon
TN-23R.jpg